犬の登録と狂犬病予防注射は狂犬病予防法により義務化されています。

 

当院ではさいたま市の契約病院として

・犬の登録申請

・狂犬病予防注射済票交付

を対応しています。

飼主様が最寄の区役所に行かずに登録と注射済票の交付ができます。

 

予約は不要です。

診療時間内にお越しください。

役所からのはがきをお持ちの方はご持参ください。


狂犬病ってどんな病気?

 狂犬病には「潜伏期間が長い」「明確な治療法がなく死亡率が100%」

 という特徴があります。

 このため、咬まれた後も、しばらくは何事もなかったように生活できても、

 気付いた時には手遅れになってしまう恐ろしい病気です。

【感染経路】

 病原体は感染動物の唾液中に含まれ、咬まれることで伝染する

 

【症状】

 異常行動・けいれん・麻痺など

 

【潜伏期間】

 犬→平均1~2ヶ月

 人→1~3ヶ月

 

【治療方法】

 明確な方法はなく、死亡率は犬・人共にほぼ100%


現在使われているワクチンは、狂犬病の予防に極めて有効です。

ワクチンを注射することで感染の恐れをなくし、近隣住民の方々の不安もなくすことができます。

わんちゃん・飼主様・社会のために、年に1回忘れずに注射してあげてください。